趣味と仕事

f:id:pianocat2018:20181210195533j:plain


高校の吹奏楽部で音楽に出会い、趣味のようなものになった。
大学では音楽を専攻したが、ここでもまだ趣味の延長のようなものだった。

そして社会に出て音楽を生業にした。

その時から、自分の音楽に対する意識や考え方、接し方が変わった。
趣味ではなくなったのである。

「こんな曲、アレンジしたくないなぁ…」

と思えば、趣味ならやめればいい。

あるいは、「こんな曲」とも思わず、そのアレンジを楽しめるかもしれない。
趣味の場合は、その行為ができるだけで幸せだったりする(少なくとも私はそうだった)。

しかし今は、

「こんな曲、アレンジしたくないけど、仕事だから仕方ない」

となる。

これこそが一番大きな変化だったように思う。
そしてその代価として、一定の報酬をいただく。

その金額は、趣味の時のようにはいかない。
そして当然、音楽の質も、趣味の時のようでは許されない。

しかし、その気持ちが足かせになることはないだろうか?

仕事になった瞬間、いろんな雑念に縛られていないだろうか?
趣味だとしたら、もっと大胆になれたのではないだろうか?

そして何よりも、純粋に音楽ができる喜びに、浸っていなかっただろうか。


昔、

「趣味なら、命をかける一歩手前まで行けそうである」

と、どなたかの詩で読んだ。
ちょっと誰だか思い出せないが、言い得て妙である。

趣味と仕事。
できれば両方のいいとこ取りをしたいところである。

初心忘るべからず。
いつまでもみずみずしく、純粋に音楽ができる喜びを、忘れてはいけないだろう。

おススメ記事です。こちらをクリック




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ がんばる男性へ
にほんブログ村

バカの壁

昔、養老孟司さんの『バカの壁』という本を読んだことがある。
もうあまり記憶に残っていないが、その中に、

「言ってもわからないやつには、言ってもわからない」

という言葉があり、これだけは大変記憶に残っている。

つい最近、それを実感するような出来事があったのだが、もちろんその人がバカだというつもりはない。
そういう人は、話が通じないというよりは、自説を曲げない、人の話を聞いて、取り込んで、考えてくれないんだな、という印象が強く残った。

自分の中で、

「〜でなければならない」
「〜であるべきである」

という哲学(?)が強烈過ぎるのだ。

私などは世の中に100%のものなどないのではないか?という考え方から、人の意見は参考にしてみるタイプだが、上記のような方からは他の考え方を取り入れる、心と頭の空白が感じられない。

「私はこうですから」

で会話が終わってしまうのだ。


人は人を変えることはないし、その人を変えようとは思っていないが、その人との間に、なんだかとても高い壁を感じた、今日この頃である。

そして、私はそうは呼ばないが、養老孟司さんはそれを『バカの壁』と呼んでいらした。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ がんばる男性へ
にほんブログ村

プライベートスタジオ


音楽室の片隅の、プライベートスタジオ。

前にもご紹介したかもしれないが投稿。
それほど大切な空間なのだ。

作編曲で楽譜を書いたり、Cubaseで音源を作ったり、指揮する楽曲の勉強をしたり…。
私の音楽はすべてここから生まれている。
本当に長い時間を過ごした空間、仕事場である。



素敵な言葉をご紹介する。
尊敬する安岡正篤先生のお言葉だ。

書斎①/安岡正篤一日一言

人間にはどうしてもあるスペース、空間というものが必要だ。
われわれが生活するのにどうしても必要な空間・余裕-こういう環境をバイオトープ(biotope)と言う。
これはちょっと考えればわかることであって、たとえばお互いに家を成すのに、どうしても主人には書斎というものが要(い)る。
家族といえども、それから煩わされない主人公の絶対の空間-バイオトープが要る。


なるほどです、先生。
しかし、少しだけ…いや、かなり…違う気がします…。


それは、ここが地獄にもなり得るということである。
今年最長で14時間30分、ここに座って作業していた。
食糧と水を買い込み、トイレに行く以外はずっとここにこもって作業していたのだ。

そりゃ地獄とも呼べますわ…。
しかも座ってるだけじゃないんですもん…。
ずっと音符書いたり、キーボード弾いたり、編集作業やったり…。
(´Д` )


余裕の空間ではないのです…。
家族には煩わされませんが、音楽に煩わされます…。

そんな空間であるから、やはりこだわりたい!
しかし、何にこだわるのか⁉︎
この空間はどうあるべきなのか⁉︎

このまま、この空間は地獄と化してしまうのか…。

そんな私に光明が差した。

これまた尊敬する人、中田ヤスタカさんのお言葉である。

僕は「曲を作りたくなる!!」という事は、曲作りが好きかどうかより、「そこに座って作業したくなるかどうか!?」が重要だと思うんです。曲を作りたいと思う期間は短い一瞬かもしれないですよね。

でも、その機械を触っている時間が楽しいと思う場所があれば、そこにいる事が好きになる、つまりは曲を作る行為そのものが好きになると思うんですよ。
逆に、どんなに曲作りが好きでも、自分が気に入っていない機材たちに向かっていると、作りたい気持ちが持続しないと思うんですよね。

だから、これから音楽制作を始める人は、是非「ハード的に自分が魅力を感じる物」を集めた方が良いと思います。部屋に置いているだけで、満足する位のお気に入りアイテムを(笑)。


これや〜!
ワイは猿や〜!!
(単に語呂がよかっただけで、深い意味はありません)


少しでもリラックスして集中できる空間(バイオトーブ)にしたくて、試行錯誤の繰り返し。

好きなものに囲まれるように!
でも余計な物は置かず!


そして数ヶ月。

うん。かなり座って作業したくなる、気持ちのいい空間になったぞ。

今年作った曲はすべて、この空間から生まれたが、これからもっと快適に集中できそうだ。

この狭い空間から、なんと音楽が生まれ、発信されていくのである。
ロマンではないか!
十分ではないか!

ここは私の秘密基地、いや世界であり、宇宙であると言える。


せっかくリラックスして集中できるようになったからには、もっといい曲を…作れるといいな!


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ がんばる男性へ
にほんブログ村